• 印刷する

航空ヴァージン、SAFだけで大西洋横断

英国の航空大手ヴァージンアトランティック航空は28日、持続可能な航空燃料(SAF)だけを使ったロンドンーニューヨーク間のフライトを運航すると発表した。機材は米航空機製造大手ボーイングの中型機「787」で、エンジンは英ロールス・ロイスの「トレント1000」を搭載する。旅客機がSAFのみで大西洋を横断するのは、世界で初めて。

ロイター通信によると、同機は28日午前11時49分にロンドン・ヒースロー空港を離陸し、同日の午後2時40分(現地時間)にニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に到着する予定。

ヴァージンは、燃料をSAFに完全に切り替えることで二酸化炭素(CO2)排出量を70%削減することが可能になると説明。現行の規定では、商業飛行でSAFを使用するには通常燃料と混合する必要があり、混合比率には50%の上限がある。ヴァージンは今回の飛行でSAFの安全性を証明し、本格展開を後押ししていきたい考えだ。

SAFは食用油の廃油や動物性油脂、植物などの再生可能な原料から生成される。既に商用化が可能な段階にあるが、コストの問題などから航空燃料全体に占めるSAFの割合は0.1%未満にとどまっている。

英国は2050年までのネットゼロ化に向けた取り組みの一環で、30年までにSAFの割合を10%に高める目標を掲げる。SAFの利用が軌道に乗り国内に産業が根付けば、18億ポンド規模の経済効果と1万人以上の雇用創出が見込まれている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン