• 印刷する

日産、英工場でEV生産拡大=大型投資へ

日産自動車は24日、イングランド北東部サンダーランド工場でスポーツタイプ多目的車(SUV)「キャシュカイ」と「ジューク」の電気自動車(EV)版を生産すると発表した。これに向け、新モデルの研究開発(R&D)や設備投資などに最大11億2,000万ポンドを振り向ける。また同工場では主力EV「リーフ」を生産するが、この次世代モデルもサンダーランドで組み立てる計画を明らかにしている。

日産は「キャシュカイ」と「ジューク」のEVモデルの開発や生産、サプライチェーン(供給網)への投資を通じて、設備や生産工程の改善、技能訓練などを行う。これに加え、サンダーランドで3カ所目となるEV用バッテリーのギガファクトリーを建設するほか、さらなるインフラ投資も計画する。これらを合わせると、新たな投資総額は最大20億ポンドとなる。

日産は今回の投資を巡り、英政府からの支援獲得に向けた協議を進めている。なお、同社はイングランド中部クランフィールド(Cranfield)にある日産テクニカルセンター・ヨーロッパに3,000万ポンドを投じることを決めており、このプロジェクトには政府が1,500万ポンドを提供することになっている。

日産は、30年までに欧州での販売を全てEVとする目標を掲げる。これに向け、21年にはサンダーランド工場を再生可能エネルギーを利用したEV生産拠点とする計画を発表。中国のエンビジョンAESCおよびサンダーランド市議会と共同で総額10億ポンドを投じ、工場に隣接するギガファクトリーの建設などを進めることを決めていた。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン