エネル、再生エネ投資慎重姿勢=今後3年間

イタリアの電力大手エネルは22日、今後3年間の投資戦略について、送電網の整備に力を入れる一方で、再生可能エネルギーへの投資については慎重な姿勢を取ることを明らかにした。今年に新たに最高経営責任者(CEO)に就任したフラビオ・カッタネオ氏が会合で発表した。 エネル…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

フィンカンティエリ、UAE社と合弁設立(02/23)

欧州エネルギー安保に新リスク(02/23)

イタリア製鉄所、特別管財人の管理下に(02/22)

ミラノと周辺地域、スモッグ対策で交通規制(02/21)

ステランティス、伊で零ホウのEV生産か(02/20)

伊上院、アルバニアとの移民協定を承認(02/19)

伊公的債務、23年は2.9兆ユーロ=中銀(02/19)

BAT、伊当局の罰金600万ユーロに異議(02/19)

香港CKハチソン、伊での通信合弁を撤回(02/16)

財政ルール改革案、重要投資の妨げに(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン