• 印刷する

大型車のCO2排出9割減へ 欧州議会、規制改正案を承認

欧州議会(定数705)は21日、欧州連合(EU)域内で販売される大型車両の二酸化炭素(CO2)排出量を巡る規制改正案を445対152の賛成多数で承認した。欧州委員会は排出量を2040年に19年比で90%削減することを提案しており、これが支持された。

議会は今回、CO2排出量を30~34年に19年比で45%、35~39年に同65%それぞれ減らす中間目標も受け入れた。また、対象となる車両にゴミ収集車やダンプカーなども含めることを求めている。

一方、都市部のバスを巡る規制については、30年からは新たに導入する車両を全てゼロエミッション車(ZEV)にすることを決めた。ただ、バイオメタンを燃料とするバスについては、厳格な条件下で35年までは規制の適用を免除することを提案している。

今回の改正案は欧州委員会が今年2月に提案したもの。欧州議会は今後、EU理事会と最終案に向けた交渉を進める。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

<特別寄稿>欧州における水素サプライチェーンビジネスの現状と今後の動向(06/14)

米EVテスラ、欧州で「モデル3」値上げ(06/14)

欧州委、ハンガリーの部品工場への補助却下(06/14)

ユーロ圏鉱工業生産、4月は0.1%減(06/14)

石油市場、30年に大幅な供給過剰に=IEA(06/14)

中国、重慶発の欧州向け貨物列車が急増(06/14)

スロベニア、2033年までに脱石炭(06/13)

【ウイークリー統計】第166回 EUの平均労働時間、週36時間(06/13)

エストニア、水素技術社に補助金(06/13)

電解装置デノラ、ギガファクトリー着工(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン