• 印刷する

鉄道16社運転士、12月にスト 大半の路線運休=大混乱の見込み

英国の鉄道運転士労働組合(ASLEF)は16日、所属する鉄道会社16社の運転士が12月2~8日にストライキを実施すると発表した。昨年から続く賃上げ交渉に進展が見られないため、再び強硬策に出る。各社の運転士は期間中に順次ストを実施するほか、同月1~9日に時間外労働を拒否する。スト中は大半の路線で運休が予想され、大きな混乱が見込まれる。BBC電子版などが伝えた。

今回の計画では、◇12月2日はイーストミッドランズ鉄道、ロンドン・ノース・イースタン・レールウェイ(LNER)◇3日はアバンティ(Avanti)・ウエスト・コースト、チルターン・レールウェイズ、GTRグレート・ノーザン・テムズリンク、ウエストミッドランズ・トレインズ(WMT)◇5日はc2c、グレーター・アングリア、◇6日はサウスイースタン鉄道、ガトウィック・エクスプレスを含むサザン・トレインズ、サウスウエスタン鉄道(SWR)、ワイト島のアイランド線◇7日はクロスカントリー、グレートウエスタン鉄道(GWR)◇8日はノーザン・トレインズ、トランスペナイン・エクスプレス(TPE)の運転士がそれぞれストに踏み切る。

ASLEFは今回、鉄道運行会社を代表する業界団体レール・デリバリー・グループ(RDG)からの賃上げ提案は「ばかばかしい」として改めて拒否。争議での勝利に向けた意気込みを示し、交渉に寄与しないハーパー運輸相を批判した。

同労組に所属する運転士は、過去1年半にわたり争議行為を続けている。RDGと政府は今年4月、2022年と23年にそれぞれ4%ずつの賃上げを提案したが、ASLEFはこれを拒否した。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン