スキポール便数制限撤回=各国から圧力

オランダ政府は14日、アムステルダム・スキポール空港の発着便数を制限する計画を断念すると明らかにした。航空会社の反発に加え、米国や欧州連合(EU)などからの圧力を受けた措置。 ハルベルス社会基盤・水管理相は議会に提出した書面で、米国とカナダが正式に懸念を表明した…

関連国・地域: EUオランダ米国カナダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ビベンディ、有料テレビ含む3事業を分社化(07/23)

ガスニー、グリーンガス貯蔵に80億ユーロ(07/23)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

ターミナル運営ボパック、東京オフィス開設(07/22)

アディダス、商標巡り米ブランドと法廷紛争(07/19)

ASML、第2四半期は18.7%減益(07/18)

EUの環境規則、新興国への投資の妨げに(07/18)

カーナビのトムトム、第2四半期は赤字縮小(07/17)

欧州首脳、トランプ氏銃撃で政治暴力を非難(07/16)

フィリップス、タイに医療機器の展示場開設(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン