• 印刷する

7月の住宅価格、0.6%下落=ハリファックス

住宅金融大手のハリファックスが6日発表した7月の住宅価格指数(1983年=100、季節調整済み)は521.4ポイントとなり、前月比0.6%低下した。英経済がリセッション(景気後退)に陥り、消費者が多額のローン負担を敬遠する中、0.8%上昇(改定値)した前月から3カ月ぶりにマイナスに転じた。

ぶれの少ない3カ月ベースで見ると、5~7月は前の3カ月から横ばい。1年前と比べると(3カ月ベース)0.6%下落している。全国平均住宅価格は16万1,094ポンドだった。

ハリファックスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は、「全国的に見ると、住宅価格はここ1年ほど極めて安定している。その主要因は需要と供給が一定していることだろう」と分析。今後については、「英経済が大幅に悪化しない限り、年内は住宅価格にほとんど変化はない」とみている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テスコの決定に競合が追随 事業税控除分を追納=批判受け(12/04)

イングランドなど、生きた家畜の輸出禁止も(12/04)

婦人服販売ボンマルシェ、再び経営破綻(12/04)

ベントレー、英離脱に備え貨物機借り入れへ(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

インターコンチ、タイでホテルを増設へ(12/04)

製薬クリニジェン、マレーシアに事務所開設(12/04)

スタンチャート、中国の市場業務を強化(12/04)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン