保険プルーデンシャル、上半期は13%増益

生保大手のプルーデンシャルが10日発表した上半期(1~6月)の決算は、営業利益が11億6,200万ポンドとなり前年同期比13%増加した。アジアと米国が好調で市場予想を上回った。

営業利益を地域別に見ると、アジアが21%伸びたほか、米国が29%の増益。一方、足元の英国は横ばいにとどまった。

ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は「世界的に困難な経済状況の中、力強い業績を示した」と評価。成長著しい東南アジアは「強さの源」と述べている。

同社は2013年までにアジア事業の売り上げを2009年の水準から倍増させる目標を掲げており、同CEOは達成に向け自信を示した。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン