• 印刷する

ロンドン、基準適合車が増加 超低排出区域拡大=1カ月で効果

ロンドン交通局(TfL)は10月31日、ロンドンの大気汚染対策「超低排出区域(ULEZ)」を8月末に市内全域に拡大して以来、拡大の対象地域となったロンドン郊外で排ガス基準を満たす車両の割合が大きく増えたと明らかにした。カーン市長は、区域の拡大に効果があったと強調している。

TfLによると、ロンドン郊外で走行する排ガス基準を満たした車両の割合は9月末時点で95.2%。この割合は2017年に44%、22年5月に拡大の協議が始まった時点で85%、拡大前の今年6月では90.9%だった。基準を満たさない車両は、22年5月に比べて1日当たり平均4万9,000台減少したことになる。ロンドン全域では、基準を満たす車両の割合は95%と、17年の39%から大幅に上昇している。

一方、基準に対応しない車両の廃車に対する補助金を申請して承認された件数は、これまでに3万7,200件を超え、総額1億2,100万ポンドが支給された。TfLは9月26日から、基準に対応しない車両で走行したドライバーに罰金を科している。9月末までの5日間で罰金を科されたドライバーは、計1万3,480人だった。

カーン市長は「区域拡大の決定は困難だったが、1カ月ですでに効果が表れている」と指摘し、ULEZがロンドン市民の生活と健康に大きな違いをもたらすと述べた。同市長は、拡大から6カ月後と1年後の効果についても分析結果を公表すると約束している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン