• 印刷する

航空IAG、過去最高益=夏季の需要増で

英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は27日、第3四半期(7~9月)の営業利益(特別損益除く)が17億4,500万ユーロとなり、前年同期比43.3%増加したと発表した。夏場の観光需要を取り込み、2四半期連続で過去最高益となった。

売上高は18%増の86億4,600万ユーロ。旅客輸送実績は有効座席キロ(ASK)換算で17.9%拡大。有償旅客キロ(RPK)換算では20.6%伸びた。搭乗率は88.9%と、1年前から1.9ポイント上昇している。

IAGは通期について、地政学的な問題が影響しながらも、ASKはパンデミック前の2019年の約96%に達すると予想。第4四半期の旅客収入見込みの約75%がすでに予約済みとしている。


関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン