• 印刷する

イングランド銀、量的緩和の効果を強調

英中銀イングランド銀行は23日に公表したリポートで、量的緩和策の効果を強調した。ただ、最大の恩恵を受けたのが富裕層5%であることも認めている。

同行は2009年3月以降、景気刺激策として3,750億ポンド相当の国債を買い入れてきた。今回のリポートではこの政策について、年金基金には不利な施策だったものの、大半の人々に恩恵をもたらしたと主張。「資産価格を幅広く押し上げることで、年金以外の家計の金融資産価値が上昇した」と述べ、量的緩和がなければ年金生活者を含む国民の大半はさらに厳しい状況に置かれていたと結論付けている。

これに対し、50歳以上を対象に保険など金融サービスを手掛けるサガ(Saga)は、量的緩和に起因する年金収入の減少が資産価値の上昇で相殺されるという同行の主張は、実態とは大きく異なると反論している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

3度目の採決実施に議長介入 前回と同じ内容認めず=EU離脱(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ワールドペイ、米FISに身売りで合意(03/19)

JDスポーツ、フットアサイラムに買収提案(03/19)

三菱商事と中電、海底送電事業の交渉権取得(03/19)

BMW、通期は16.9%減益(03/19)

スタンチャート、アプリで出金を香港で開始(03/19)

IHG、高級ホテル開業で豪事業拡大へ(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン