• 印刷する

イングランド銀、量的緩和の効果を強調

英中銀イングランド銀行は23日に公表したリポートで、量的緩和策の効果を強調した。ただ、最大の恩恵を受けたのが富裕層5%であることも認めている。

同行は2009年3月以降、景気刺激策として3,750億ポンド相当の国債を買い入れてきた。今回のリポートではこの政策について、年金基金には不利な施策だったものの、大半の人々に恩恵をもたらしたと主張。「資産価格を幅広く押し上げることで、年金以外の家計の金融資産価値が上昇した」と述べ、量的緩和がなければ年金生活者を含む国民の大半はさらに厳しい状況に置かれていたと結論付けている。

これに対し、50歳以上を対象に保険など金融サービスを手掛けるサガ(Saga)は、量的緩和に起因する年金収入の減少が資産価値の上昇で相殺されるという同行の主張は、実態とは大きく異なると反論している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン