• 印刷する

警備G4S、上半期は68%減益

警備サービス大手のG4Sが28日発表した上半期(1~6月)決算は、純利益が3,800万ポンドとなり、前年同期比67.8%減少した。ロンドンオリンピックの警備に十分な人数を確保できなかったことによる損失は5,000万ポンドに上る。同社はこれを受け、1,100人の削減を計画している。

売上高は為替変動の影響を除いた継続事業ベースで5.8%増の39億300万ポンド。主力の警備サービス部門は8%伸びた。うち、英国とアイルランドを含む欧州が8%増えたほか、北米が4%増。新興市場(アジア、中東、アフリカ、中南米)は10%増えた。一方、現金サービス部門は3%の増収で、北米と新興市場がそれぞれ7%、11%増えたものの、欧州が1%減っている。

五輪の契約不履行に伴い、補てん人員を提供した軍隊への支払いなどを除いたEBITA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)は1.7%減の2億3,600万ポンドだった。

ニック・バックルズ最高経営責任者(CEO)は、軍隊や警察の支援に対し感謝の意を表明している。28日付ロイター通信によると、バックルズCEOの進退については、今後、取締役会と株主の会合で決定される。なお、きょう29日から開催されるパラリンピックには十分な人員を確保しているという。


関連国・地域: 英国アイルランド米国アフリカ中東中南米カナダ
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

アムステルダム、新築住居の賃貸禁止を提案(03/18)

メイ首相、離脱強硬派とDUPの説得に全力(03/18)

自由民主党、5月に党首選へ(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

インターサーブ、破産申請手続きへ(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独エーオン、ケント州で熱電併給施設を建設(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン