• 印刷する

高級車JLR、EVテストセンター開設

インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、JLR(旧ジャガー・ランドローバー)は23日、イングランド中部ウィットリー(Whitley)に最新鋭の電気自動車(EV)試験施設「フューチャー・エナジー・ラボ」を開設したと発表した。350人の新規雇用が創出される。

新施設には2億6,100万ポンドを投じた。EV技術者200人が既に同施設で働いており、さらに150人が雇用される予定。

2024年に発売を予定する新型「レンジローバー」ブランドのEV発売に向けて、試験が行われる。英国で試験をすることで、試作車を世界中に輸送するコストや、そのプロセスに伴う排出ガスを最小限に抑えられる見込みだ。

JLRは4月、今後5年でEV開発に150億ポンドを投資すると発表した。また、親会社のタタ・グループはイングランド南西部サマセット州にEV用バッテリー工場を建設する計画を進めており、こちらは26年の稼働開始を見込む。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン