オランダ投資プロサス、CEO辞任

オランダの投資会社プロサス(Prosus)は18日、ボブ・ファンダイク最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表した。兼任する親会社のインターネットサービス・娯楽大手ナスパーズ(Naspers、南アフリカ)のCEO職からも退く。後任には、グループの最高投資責任者(CIO)である…

関連国・地域: オランダアフリカ
関連業種: IT・通信サービス雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独エネルギーRWE、オランダで蓄電事業(09/22)

再生エネ、発電量の5割弱に=オランダ(09/21)

ボパック、ロッテルダム化学ターミナル売却(09/20)

オランダ風力発電の権益取得 設置容量は欧州最大=オクトパス(09/20)

ハイネケン、メキシコに最先端の醸造所建設(09/20)

三菱重工、オランダ油田設備社とCO2回収(09/19)

オランダの産業、化石燃料使用で多大な恩恵(09/19)

オランダ投資プロサス、CEO辞任(09/19)

家電販売BCC、経営破綻か=1300人失職も(09/18)

米カーギル、露穀物ターミナルの持ち株売却(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン