• 印刷する

BMW、英工場に大型投資 「ミニ」EV新モデル生産

ドイツの高級車大手BMWは11日、英オックスフォードとスウィンドンにある小型車「ミニ」の工場に、合わせて6億ポンド超を投資すると発表した。電気自動車(EV)版の二つの新モデルを生産するためで、2026年の生産開始が見込まれている。同社はミニのEVモデル生産を中国とドイツに移す計画だったが、方針転換により英国工場の存続が確定した格好となる。

イングランド東部オックスフォード工場では、EV版の3ドア「ミニ・クーパー」と小型クロスオーバー車「ミニ・エースマン」の二つの新モデルを生産する。30年には同工場で生産される車両がすべてEVとなる見通しだ。

BMWによると、今回の投資には英国政府も補助金を提供する。金額は明らかにされていないが、フィナンシャル・タイムズなどは関係者の話として、政府が7,500万ポンドを拠出すると伝えている。

BMWは19年に同工場でミニの初代EVモデルの生産を開始したものの、昨年10月には、EV生産を同工場から中国の自動車大手、長城汽車との合弁工場に移すと発表。オックスフォード工場と、イングランド南部スウィンドンのボディパネル工場の存続が危ぶまれていた。今回の投資決定により、両工場の4,000人の雇用が保証されることになる。[労務][環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

セルビア政府、資源リオのリチウム事業許可(07/18)

英国王が施政方針演説 40法案発表=AI規制は見送り(07/18)

金融HSBC、新CEOにエレデリーCFO(07/18)

インフレ率、6月は2%で横ばい(07/18)

英、中古EV販売が急増=価格低下受け(07/18)

英競争当局、米マイクロソフトの調査に着手(07/18)

英、ペット向け培養肉の販売承認=欧州初(07/18)

生産者物価、6月は1.4%上昇(07/18)

食品販売オカド、上半期は赤字縮小(07/18)

ユーロ圏経済、0.9%拡大へ=IMF見通し(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン