• 印刷する

英最大のEV充電パーク開設 最高180台対応=bpパルス

英国の石油大手BPの充電インフラブランド「bpパルス」は7日、イングランド中部バーミンガムの国立展示センター(NEC)に国内最大の電気自動車(EV)用充電施設を開設した。最大180台のEVを同時に充電できる。

この施設は、出力300キロワットの超急速充電ポイントを30基、7キロワットの充電ポイントを150基備える。高速道路M42号線、M46号線、国道A45号線などに近く、将来的な交通の要衝となる戦略的な立地だという。

今回のプロジェクトにはbpパルスとNECのほか、EV充電ステーションの開発を手がけるEVネットワーク(EVN)が参加。投資額は数百万ポンドと、国内の充電インフラへの民間投資としては最大規模となる。

bpパルスは2020年代に国内の充電施設に10億ポンドを投じる計画で、今回の施設もこの一環。都市部や道路沿い、店舗、ホテルなど、数百カ所に充電施設を建設することを目指している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車電機天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン