• 印刷する

11月1~2日にAIサミット 英、リスク軽減へ国際協力

英政府は24日、11月1~2日に「人工知能(AI)安全性サミット」を開催すると発表した。第2次大戦中に暗号解読拠点だったロンドン近郊のブレッチリー・パークを開催地とする。世界各国の政府関係者やAI企業・専門家を招き、最新のAI技術のリスク軽減に向けた国際協力の方向を探る。

スナク首相は、「世界のパートナー諸国とAI産業、学界の力を結集すれば、AIの安全かつ責任ある開発に必要となる迅速な国際的措置をグローバル規模で確保できる」との考えを示している。

招待国リストはまだ発表されていないが、政府は6月に同サミット開催案を打ち出した際、「志を同じくする国」を招待すると述べており、欧米との緊張が高まっている中国は招かれない可能性がある。これについて、英オックスフォード大学や米マサチューセッツ工科大学のAI専門家らは、AIに国境はなく中国抜きでの国際的取り決めは無意味と指摘。サミットの成功は中国の出席にかかっていると訴えている。

なお、会場となるブレッチリー・パークは、英イングランド南東部バッキンガムシャー州ミルトンキーンズにある邸宅。第2次世界大戦中に暗号解読拠点となり、50ポンド札の肖像に起用されているアラン・チューリングがドイツの暗号を解読した場所として知られる。


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン