• 印刷する

独、AI研究に大型拠出 米中とのスキルギャップ解消

ドイツのシュタルクワツィンガー教育・研究相は23日、人工知能(AI)行動計画を発表した。この分野の研究に今後2年間で約10億ユーロを拠出する。ドイツはAI分野で米国や中国に後れを取っており、そのスキルギャップを埋める狙い。

行動計画では、◇AI分野の研究能力とスキルを目に見える経済的な成果にすること◇信頼できる「メード・イン・ヨーロッパ」のAIを作り出し、既存の競争力と最適な形で組み合わせること◇他の省庁や州政府、利害関係者と明確な目標を設定した協議を進め、確実な成果を上げることを目的としている。

ドイツでは、エネルギーコストの高騰と、新興の電気自動車(EV)メーカーの台頭などで、主力産業である自動車・化学業界が熾烈(しれつ)な競争に直面している。こうした中、ドイツ政府はAI予算を従来から倍増させ、リセッション(景気後退)からの脱却を目指す。

それでも、AI分野でドイツの先を行く米国の投資額には及ばない。スタンフォード大学の報告によると、米国政府は昨年、AI分野に33億ドルを拠出した。民間セクターは474億ドルを投資し、欧州全体の投資額のほぼ2倍に達した。中国は134億ドルだった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン