• 印刷する

企業のデフォルトリスク増大 高金利で投資・雇用縮小=英中銀

英中銀イングランド銀行は22日、金利の上昇により英国企業のデフォルト(債務不履行)リスクが高まっているとの見方を明らかにした。企業投資や雇用の大幅な削減につながると警鐘を鳴らしている。

中銀は今回、企業の借入金などの利払い能力を測る指標であるインタレストカバレッジレシオ(ICR)を調査。ICRは低いほど債務の返済が困難になる可能性が高い。

中銀は、国内の中堅および大手企業のうちICRが2.5%未満の企業の割合は、2022年の45%から今年末には50%に上昇するとの予想を示した。年間の売上高が1,000万~5億ポンドの中堅企業に限るとこの割合は70%に達する見通しで、08~09年の金融危機以来の水準に上昇することになる。

中銀は、企業がデフォルトに陥れば金融不安定化のリスクも高まると指摘。また、デフォルト件数が増えれば企業の投資と雇用が落ち込み、景気の悪化につながる恐れがあるとしている。

政府機関の債務超過局のデータによると、イングランドとウェールズの企業破綻件数は第2四半期(4~6月)に6,342件となり、前期比9%増加。09年第2四半期以来の高水準に達している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、トランプ氏銃撃で政治暴力を非難(07/16)

新政権の施政方針、内容発表 35法案盛り込み=AI関連など(07/16)

バーバリー、CEO交代=第1四半期は減収(07/16)

ポスト・オフィスCEO、冤罪事件巡り離任(07/16)

住宅の希望売却価格、7月は0.4%低下(07/16)

アフリカでマラリアワクチン開始=英開発(07/16)

香港CK、ロンドンなどへ重複上場検討(07/16)

印エッサール、英で水素燃料発電所を建設(07/16)

イングランドとウェールズ、人口が大幅増加(07/16)

ユニリーバ、3千人整理へ 欧州全域の事務職が対象(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン