• 印刷する

米、独の缶用鋼板に反ダンピング関税

米商務省は17日、ドイツとカナダ、中国から輸入する缶用鋼板にダンピング(不当廉売)が認められたとの調査結果に基づき、制裁関税を課すとの予備的判断を発表した。鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップを含むドイツ企業の缶用鋼板製品には、7.02%の追加関税を課す。

カナダ企業の製品に対する追加税率は5.29%で、これには鉄鋼大手アルセロール・ミタル(ルクセンブルク)傘下のアルセロール・ミタル・ドファスコ(Dofasco)も含まれる。中国からの輸入には、122.5%の反ダンピング関税を課す。

同省は、予備調査によりこれら3カ国のメーカーが自国市場より安い価格で輸出していることが判明したと説明。特に中国は、主要メーカーが調査に協力的でなかったことが不利な推測結果につながったほか、他のメーカーも中国政府からの自立を証明できなかったため追加税率が高いという。

なお、調査対象には英国やオランダ、トルコ、韓国、台湾も含まれていたが、ダンピングは認められないとの予備的判断に基づき制裁関税を課さなかった。

今回の調査は、米鉄鋼大手クリーブランド・クリフスの申し立てを受けたもの。商務省は今後の調査を経て、中国については10月31日に、その他の国については来年1月8日ごろに最終判断を発表する。


関連国・地域: ドイツEUアジア米国カナダ
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン