• 印刷する

ガトウィック、スト一部中止 1社は強行で混乱必至=18~28日

英国の労働組合ユナイトは15日、ロンドン・ガトウィック空港で18~28日に予定されていた地上職員のストライキの一部が中止されると発表した。賃金交渉に進展がみられたことが理由。一方で、ストは部分的に強行される予定で、混乱が予想されることに変わりはない。

今回ストを中止するのは、空港内で旅客支援を手がけるウィルソン・ジェームスの従業員。ユナイトによると、「大幅に改善された提案」を受けて、組合員による新たな投票が行われるという。

一方で、グランドハンドリング会社のレッド・ハンドリングの従業員は、予定通りストを強行する計画だ。期間は18~21日と25~28日の計8日間で、最終的な実施の有無が決定されるのは17日になる。

決行された場合、同社が担当するノルウェーの格安航空会社ノルス(Norse)・アトランティック・エアウェイズとノルウェー・エアシャトル(NAS)、米デルタ航空、ポルトガル航空(TAP)、サウジアラビアの国営航空サウディアの各便に影響が出る。週末を含む夏の繁忙期のため、大きな混乱が予想される。

ユナイトは「空港全体で深刻な遅延と混乱が発生することは避けられない」とコメント。レッド・ハンドリングのストについても、大幅な改善案が用意された場合は交渉に応じると述べた。

ガトウィック空港では、この2社を含む計4社の地上職員が賃金交渉を進めていたが、このうち航空関連サービスを手がけるASCと英メンジーズ(Menzies)・アビエーションは7月末に交渉が妥結。両社の組合員は、7月28日~8月1日に計画していたストを中止した経緯がある。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン