• 印刷する

低排出車への買い替え補助拡大 最大2千ポンド=ロンドン市

ロンドンのカーン市長は4日、低排出車への買い替え促進に向けた廃車補助金制度の対象をロンドン全域に拡大すると発表した。大気汚染対策「超低排出区域(ULEZ)」の対象区域拡大に伴う措置で、8月21日から乗用車1台当たり最大2,000ポンドを支給する。

ULEZでは、欧州連合(EU)の排ガス基準「ユーロ4」に未対応のガソリン車や、「ユーロ6」に未対応のディーゼル車には、1日当たり12.5ポンドの特別通行料が課される。廃車補助金は、こうした車両を廃車にして低排出車に買い替える際に支給されるもので、今後は市内全域の住民が乗用車1台当たり最大2,000ポンドを申請できる。

市内の零細企業や個人事業主は小型商用車1台当たり最大7,000ポンドを、3台を上限に申請できる。小型商用車向けの補助金は、従来の1台当たり5,000ポンドから増額されている。

カーン市長は、補助金制度の拡大に伴う費用が5,000万ポンドとなると見込んでいる。これにより、ロンドン市の廃車補助金制度への拠出額は計1億6,000万ポンドとなる。

同市長は「ULEZ拡大は困難な決断だったが、実行する決意に変わりはない」とした上で、「ロンドン市民が誰1人取り残されないよう支援する」と話している。

ULEZは2019年4月に市中心部で導入され、21年10月には北環状線および南環状線の内側に拡大。8月29日からは市内全域が対象となる。五つの自治体がこれを違法とする訴えを起こしていたが、7月に棄却され、対象区域は予定通り拡大されることになった。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン