• 印刷する

英で酒税改正=ワイン増税 パブ支援でドラフトビール優遇

英国で1日、酒税の税率が改正された。15段階あった区分をアルコール度数に応じた6段階に簡素化し、10.1%増税した。一部アルコール飲料の税率は下がったものの、ビールやワイン、蒸溜酒など多くは引き上げられた。ただし、パブ支援の一環としてドラフトビールの税率は優遇する。

今回の改正により、小売店で販売されるアルコール度数4.5%のビールに対する税金は4ペンス、サイダーは1ペンス上がる。一方、パブやバーのサーバーから提供される同条件のドラフトビールの税金は据え置かれ、サイダーは1ペンス下がる。これにより、ドラフトビールの税金は小売店のビールと比べ税金が最大11ペンス安くなるという。

アルコール度数12%のワインにかかる税金は、750ミリリットルのボトル当たり44ペンス上昇。一方、同じ条件のスパークリングワインは19ペンス下がった。度数37.5%のウオッカでは、750ミリリットルのボトル当たり75ペンス増の8.3ポンドに引き上げられた。度数40%のウイスキーは、25ミリリットル当たり3ペンス上がった。

英政府は、2020年から酒税の税率を凍結していた。今回の改正は当初、今年2月に発効予定だったが、長引く生活費高騰を背景に延期されていた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、金利5.25%に据え置き 7会合連続、8月利下げに含み(06/21)

ナットウエスト、セインズベリーの事業取得(06/21)

越首相「原子力研究継続」=ロ社に支援要請(06/21)

食品原料T&L、米CPケルコ買収(06/21)

エナージアン、地中海事業を米社へ売却(06/21)

ユニリーバ、印でパーム油削減=業界が異議(06/21)

英、富裕層の流出加速=中国に次ぐペース(06/21)

英インフレ率、2%に減速 約3年ぶりに中銀目標に到達(06/20)

英総選挙、AI議員が出馬=当選なら世界初(06/20)

バークレイズ、法人部門で1億ポンド削減へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン