• 印刷する

英新車登録、25.8%増加 EV需要が堅調な伸び=6月

自動車製造取引業者協会(SMMT)は5日、6月の英国の新車登録台数が17万7,266台となり、前年同月比25.8%増加したと発表した。伸びは5月の16.7%から加速した。

6月はフリート向けが37.9%、個人向けは14.8%それぞれ増えた。法人向けも12.7%拡大した。

燃料別ではガソリン車が13.5%増加した半面、ディーゼル車は22.3%落ち込んだ。代替燃料車(AFV)のうち、プラグインハイブリッド車(PHV)は65.5%伸びた。ハイブリッド車(HV)は40.1%、電気自動車(EV)は39.4%それぞれ増加した。マイルドハイブリッドシステム搭載車では、ガソリン車が53.4%増えた一方、ディーゼル車は3.3%減った。

新車登録台数をメーカー別に見ると、英国車はインドのタタ・モーターズが展開するジャガーが26.5%増の1,466台、姉妹ブランドのランドローバーは11.7%増の4,633台。欧米ステランティス傘下のボクソールは0.4%減の9,927台だった。

外国勢を見ると、米フォードは49.2%増の1万4,744台。独フォルクスワーゲン(VW)は、VWブランドが30.2%増の1万5,185台、傘下のアウディは59.4%増の1万2,235台だった。BMWは22.5%増の1万1,600台。メルセデス・ベンツは22.4%増の8,163台となっている。

日系メーカーは、トヨタ自動車(レクサス除く)が2.9%増の9,441台。日産自動車は49.7%増の7,968台だった。マツダは2倍の2,887台、ホンダは84.7%増の2,286台、スズキは16.1%増の2,044台、SUBARU(スバル)は3.6倍の299台だった。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は、今回の結果を受けて「環境性能に優れた車の魅力が、より多くのドライバーに伝わってきている」とコメント。一方で、気候変動対策の目標達成に向け、一層迅速に行動する必要があるとの認識を示した。EV所有者のうち、自宅で充電ができる人と、そうでない人の間には税金面で不公平感があると指摘し、公共の場でのEV充電についてVAT(付加価値税)の削減を求めた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

食品ニューラット、英同業プリンセスを買収(05/28)

光熱費の価格上限、7%引き下げ=7月から(05/28)

小売売上高、4月は2.3%減少(05/28)

GfK消費者信頼感、21年12月以降で最高(05/28)

日立、新型バッテリーシステムの試験開始(05/28)

中東石油大手、シェルの南ア事業に関心(05/28)

住宅金融組合、コープ銀を買収=8億ポンド(05/28)

ランドローバー、印で旗艦モデルの生産開始(05/28)

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン