• 印刷する

ロンドン拠点開設で人材誘致 オープンAI=初の国外オフィス

人工知能(AI)を使ったチャットボット(自動応答システム)「チャットGPT」を手がける米国の新興企業オープンAIは28日、ロンドンにオフィスを開設すると発表した。初の米国外拠点となる。英国は初めての「AIサミット」開催を計画するなど、AI分野で主導的な地位を築くことを目指しており、同社の拠点設置が追い風になると期待されている。

ロンドン拠点では、安全な汎用人工知能(AGI)の開発と政策形成の促進に向けた研究・エンジニアリング業務が中心となる。すでにセキュリティーエンジニアや政策責任者など四つのポストで人材募集を開始している。雇用規模やオフィスの開設時期は不明。

サム・アルトマン最高経営責任者(CEO)はロンドン拠点設置により、「世界レベルの優秀な人材を集めることができる」と期待感を示している。

同CEOは5月、欧州連合(EU)が導入を予定するAI規則の順守が困難と判断すれば、欧州市場からの撤退を検討する意向を表明。その後、発言を撤回していた。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン