• 印刷する

VWに補償金支払い命令 他社訴訟にも影響か=排ガス不正

ドイツの連邦裁判所は26日、自動車メーカーの排ガス不正問題を巡る集団訴訟で原告の主張を認め、ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に補償金の支払いを命じる判決を下した。今回の訴えはVWが対象だが、同社の高級車部門アウディやメルセデス・ベンツ・グループ(旧ダイムラー)に対しても同様の訴訟が行われており、メーカー各社は多額の補償を強いられる可能性もある。

裁判所は今回、排ガス水準を操作するための「装置」を搭載した車両について、VWが所有者に購入価格の10~15%の補償金を支払うことを命じた。ただ、具体的にどのようなメカニズムやソフトがこうした装置に相当するかについては、地方裁判所に判断を委ねている。VWは補償を回避するためには、自社の装置が合法であることを証明する必要がある。

原告は訴訟で、車両に搭載されていた気温が一定の水準に達した場合に排ガス水準を操作する装置は車両の実際の排ガス状況を隠蔽(いんぺい)するために使われていたと主張。メーカー側はこれに対し、装置はモーターなどを保護するためのもので法には抵触していないと述べている。

今回の訴訟では、ドイツの地方裁判所は訴えを退けたが原告が上訴していた。3月には、欧州司法裁判所がメルセデス・ベンツのディーゼル車について、排ガス水準を欺くための装置を搭載した車両で何らかの損害が生じた場合は、これに対する補償の支払いを求める判断を下していた。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン