• 印刷する

ステランティスと鴻海が合弁 2026年に車載半導体の販売開始

欧米自動車大手ステランティスは20日、EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業(台湾)の中国子会社、富士康科技集団(フォックスコン)と、折半出資の半導体合弁会社を設立すると発表した。最先端の半導体の設計を手がけ、2026年からステランティスを含む自動車メーカーに販売を開始する予定だ。

新合弁会社の名称は「シリコンオート」。本拠はステランティスと同じくオランダに置き、両社の役員が経営陣に加わる。出資額などは明らかにされていない。

生産する半導体は、ステランティスが開発中の自動運転向け新技術プラットフォーム「STLAブレイン」向けのほか、フォックスコンなどに供給する。

両社は新合弁について、「自動車産業中心の半導体ソースを提供する」とし、「特に電気自動車(EV)で必要となるコンピューター制御機能・モジュール向けだ」と説明した。

ステランティスとフォックスコンは21年12月、自動車産業向けの半導体分野で提携することで暫定合意。今回の合弁設立はこの一環となる。両社は既に、コネクテッドカー(つながる車)向け車載システムの開発を手がける合弁会社「モバイル・ドライブ」も設立している。


関連国・地域: EUアジア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

EU、メタン排出規制法を承認=2030年から(05/29)

【中東欧ダイアローグ】中国系EVメーカーの進出が相次ぐハンガリー(05/29)

【今週の主な予定】5月28~31日(05/28)

G7、露凍結資産の活用に意欲=財相会合(05/28)

EU理事会、供給網デューデリ指令を採択(05/28)

ルーマニア国鉄、路線近代化に16億ドル(05/28)

極東―北欧間の海運コスト、3倍超に拡大(05/28)

欧州の心臓病死亡者、大気汚染対策で急減(05/28)

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン