• 印刷する

インテル、独に新工場建設 過去最大のFDI=300億ユーロ

米国の半導体大手インテルは19日、ドイツでの新工場建設に300億ユーロ超を投資すると発表した。欧州での生産能力を拡大する計画の一環で、同国の海外直接投資(FDI)としては過去最大規模となる。独政府は一部を補助する方針で、この日に同社と正式な契約が結ばれた。補助金の額は明らかにされていないが、ブルームバーグなどは関係者の話として100億ユーロに上ると伝えている。

インテルは、東部ザクセンアンハルト州マクデブルクに2つのウエハー工場から成る「シリコンジャンクション」を建設する。2028~29年の生産開始が見込まれており、約3,000人が新規雇用される見通し。

独政府の補助金交付に向けては、欧州委員会の承認が必要となる。政府は欧州連合(EU)の半導体法に基づき補助を行う方針。

ショルツ首相はベルリンで開かれた調印式で、「今回の合意はドイツがハイテク生産拠点となり、半導体供給網を強化するための重要な一歩」とコメント。「マクデブルクとドイツ、欧州にとって朗報となる」と話した。

インテルは22年3月、170億ユーロを投じてマクデブルクに生産拠点を新設すると発表。独政府からは68億ユーロの補助金を得ることが決まっていたが、コスト高騰を背景に、これを100億ユーロ以上に引き上げるよう求めていた。

なお同社は16日、ポーランド南西部ウロツワフ(Wroclaw)近郊に最大46億ドルを投じて半導体の組み立て・試験施設を新設すると発表したばかり。同施設をドイツの新工場やアイルランドの首都ダブリン西郊リークスリップにある既存工場と連携させる方針を示している。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン