• 印刷する

ヒースロー、スト開始を延期 賃上げ案否決なら28日から決行

英国の労働組合ユナイトは12日、ロンドン・ヒースロー空港の警備員が6~8月に予定する計31日のストライキのうち、第1弾となる6月24~25日の計画を中止すると発表した。賃上げ交渉を巡りヒースロー空港から改善案が提示されたことを受けたもの。向こう数日で組合員の決議にかけ、拒否された場合は28日から残りのストに踏み切る。

ユナイトはこれまで、同空港が提示した10.1%の賃上げを拒否していた。新たな提案では、1月まで遡及(そきゅう)して賃金を10%引き上げ、10月から11.5%の賃上げを適用するほか、来年はインフレに連動させ少なくとも4%引き上げると報じられている。組合員は、6月13~23日に受け入れ可否を投票する。

ヒースロー空港は、ユナイトが組合員に判断を委ねたことを歓迎し、組合員に受け入れを推奨。もしストが決行されたとしても、航空便の欠航は想定していないという。

ユナイトは当初、6月24~25日、28~30日、7月14~16日、21~24日、28~31日、8月4~7日、11~14日、18~20日、24~27日の計31日間、ストを計画していた。第3・第5ターミナルの警備員に加え、エアサイドに入る空港関係者や車両の確認を行う警備員が参加を予定している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン