内閣府「通信環境は五輪需要に対応可」

英内閣府は国内のインターネット・インフラがロンドン五輪開催中の通信需要に対応できるとの見解を示した。

内閣府は2月に公表したリポートの中で、「(オリンピックに関連した)インターネットへのアクセス急増の結果、最悪の場合、通信障害が起きる可能性がある」と警告。またインターネット接続事業者(ISP)がピーク時にデータ通信に制限をかけることもあり得るとしていた。しかし今回、通信会社によるインフラ増強の結果、そうしたリスクは低下したと指摘。ただ1つの建物内で多数の従業員が一斉にライブ映像をストリーミング再生すれば、ネットワークの通信速度が大幅に低下する可能性もあるという。

中小企業団体は内閣府の最新見解を歓迎する一方、超高速ブロードバンドの全国展開をさらに加速させるよう呼び掛けている。


関連国・地域: 英国
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

原油需要、2030年代にピーク EV普及などで頭打ちに=BP(02/22)

電力イベルドローラ、通期は3.7%増益(02/22)

ドイツ銀、3月にも資産運用部門を上場へ(02/22)

ロイズ銀、通期は2006年以降で最高益(02/22)

ブルガリアなど、シェンゲン圏入りに意欲(02/22)

銀行ソフトのテメノス、英フィデッサを買収(02/22)

英仏海峡トンネルのゲットリンク、40%減益(02/22)

失業率、12月は4.4%に悪化(02/22)

欧州ではしかの感染者が4倍増、2万人突破(02/22)

HSBC、越で新興企業との提携に意欲(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン