6月の新車登録、3.5%増=4カ月連続

自動車製造販売業者協会(SMMT)が発表した6月の新車登録台数は18万9,514台となり、前年同月比3.5%増加した。これで4カ月連続のプラス。経済危機前の2007年と比べると、なお15%近く低い水準だが、過去3年間の6月の平均は上回っている。

6月は個人購入が9.8%増と大きく伸びた半面、法人向けとフリート(25台以上のまとめ買い)はそれぞれ2.5%、0.5%減っている。

またガソリン車が0.9%減る一方、電気自動車(EV)など代替燃料車(AFV)は47.8%増と大幅に伸びた。ディーゼル車も7%増えている。

メーカー別に見ると、英国車は米ゼネラルモーターズ(GM)傘下のボクソールが9.7%減少。一方、インドのタタ・モーターズが展開するランドローバーは46%増えたが、ジャガーは4.8%減っている。

ドイツ勢はフォルクスワーゲン(VW)が4.1%増加。高級車はメルセデス・ベンツが11%、BMWが15.2%それぞれ増えている。フランス車はルノーが57%減と大きく落ち込んだほか、プジョーが8.1%のマイナス。シトロエンは1.9%伸びた。

日系メーカーはマツダと三菱がそれぞれ38.2%、49.9%減った以外は好調で、ホンダとスバルがそれぞれ73.1%増、59.3%増と躍進した。トヨタ(レクサス除く)と日産はそれぞれ25.3%、23.5%増えている。韓国の現代と起亜はいずれも2けた増だった。

1~6月の累計登録台数は全体で105万7,680台と、前年同期比2.7%増加した。

SMMTのポール・エベリット事務局長は予想外に良い結果を歓迎しつつも、販売増を維持するために努力する必要があると述べた。


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テレフォニカ、第4四半期は5倍に増益(02/23)

GDP成長率、改定値は0.4% 伸びやや減速=第4四半期(02/23)

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

レプソル、ガス・ナトゥラルの株式を売却(02/23)

欧州商用車登録台数、1月は8.2%増加(02/23)

英離脱後の移行期間、無期限の可能性も(02/23)

セントリカ、通期は17%減益=4千人整理へ(02/23)

仏ランバン、中国・復星国際が買収(02/23)

金融バークレイズ、通期は赤字転落(02/23)

たばこのBAT、通期は39%増益(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン