• 印刷する

建設業生産高、5月は6.3%減少

政府統計局(ONS)は13日、5月の建設業生産高(季節調整前)が前年同月比6.3%減少したと発表した。5月はエリザベス女王の即位60周年記念式典に伴いバンクホリデー(公休日)が翌月に振り返られたため稼働日が1日多かったにもかかわらず、大きく落ち込んだ。先には6月の建設業PMI(購買担当者景気指数)は過去2年半で最大の落ち込みを示しており、建設業界に景気回復の兆しは見えない。

ぶれの少ない3カ月ベースで見ると、3~5月の生産高は前年同期比7.4%減少。政府の歳出削減に伴い、公共部門の住宅が22.9%減と足を引っ張った。公共商業建設と新規インフラ建設もそれぞれ21.5%、21.3%落ち込んだ。一方、民間商業建設は0.2%増とわずかな伸びを見せ、商業施設の補修・メンテナンスも1年前を0.5%上回った。

建設業が英国経済に占める割合は10%に満たないものの、この分野の不振は第1四半期(1~3月)に金融危機以来2度目のリセッション(景気後退)入りしたことの大きな原因の1つとされている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、通期は過去最高益 高金利追い風も四半期は大幅減益(02/22)

ヒースロー空港、アブダビ社が株式取得検討(02/22)

製薬サノフィ、事業買収に投資6社が関心(02/22)

財政収支、1月は黒字拡大=減税に追い風(02/22)

ボディショップ、国内店舗の半分閉鎖へ(02/22)

選挙意識、補償に消極的=英政府、冤罪事件(02/22)

イングランドで短期賃貸住宅の規制強化(02/22)

核ミサイルシステム、発射テストで失敗(02/22)

ウェールズ、若手医師が3日間スト(02/22)

新スタジアム、資金繰りで苦境=英領北ア(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン