トタル、中国で充電スタンドとGS整備

フランスの石油大手トタルエナジーズ(旧トタル)が中国で電気自動車(EV)向け充電網の整備を進めている。中国の新車市場で急速なEVシフトが進む中、ガソリン消費も2030年まで増えるとみて、ガソリンスタンド(GS)の増設も急ぐ考えだ。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

パリ空港職員、五輪前のスト中止=団交妥結(07/18)

高級ブランド2社、伊当局が供給網を調査(07/18)

アタル内閣が総辞職=当面は業務継続(07/18)

眼鏡エシロール、米シュプリームを買収(07/18)

ユーロ圏経済、0.9%拡大へ=IMF見通し(07/17)

国民議会、18日に開会=左派は議長職に狙い(07/17)

エアバス、タレスと宇宙事業の統合で協議か(07/17)

仏トタルと電力SSE、EV充電で合弁設立(07/17)

リサイクルナイロン新興、420万ユーロ調達(07/17)

小売りカルフール、グリーンイエローと提携(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン