• 印刷する

DHL、香港に物流拠点を新設

郵便・物流大手ドイツポストDHLは16日、香港で建設を進めていた物流拠点「メガハブ香港」を開業したと発表した。投資額は6,300万ユーロ。顧客の要望に柔軟に対応し、コスト削減にも寄与するとしている。

同施設は、工業物件の開発・運営を手掛けるグッドマン・グループ(オーストラリア)が香港北西部の青衣に新設した総合物流センター、インターリンク(領達中心)に入居している。倉庫面積は約8万4,000平方メートル。

DHLは過去3年で北東アジアに総額2億2,400万ユーロを投資。2015年までに、さらに3億ユーロ以上を投じる方針だ。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 建設・不動産運輸サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独与党、マニフェスト公表 増税行わず気候変動対策も両立へ(06/23)

ダイムラー、独自の電池セル製造を計画か(06/23)

ファルタ、ポルシェにバッテリーセル供給(06/23)

米半導体GF、独工場などで生産能力拡大(06/23)

独当局、優越的立場の乱用でアップルを調査(06/23)

アウディ、タイで高性能モデルRSが好調(06/23)

独フォスロシュバーベ、セルビアに生産集約(06/22)

ポルシェ、カスタムセルズとEV電池で合弁(06/22)

タカラバイオ、ビオンテックと商業利用契約(06/22)

物流デジタル化フォート、SBなどが出資(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン