• 印刷する

新たに7行が金利ヘッジ商品の販売見直し

金融サービス機構(FSA)は23日、銀行が中小企業に金利ヘッジ商品を不適切に販売した可能性をめぐり、新たに7行が自主的に販売方法を見直すことで合意したと発表した。金利スワップと呼ばれる商品の販売をめぐっては、既にバークレイズ、HSBC、ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の4行に「重大な問題」があったと指摘されている。

今回、調査対象に加わるのはアライド・アイリッシュ・バンク(AIB)、バンク・オブ・アイルランド、豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)傘下のクライズデール銀とヨークシャー銀、コーポラティブ・バンク、ノーザンバンク、スペイン系のサンタンデールUK。FSAは「不適切な販売があったと断定している訳ではない」としているが、そうした事実が見つかれば、顧客は補償を受けることができる。


関連国・地域: 英国アイルランドスペインアジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首相の議会閉会巡る審問終了 英最高裁、判決は23日以降(09/20)

DUP、英領北アのみの特別措置に前向き(09/20)

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き(09/20)

独財務相「英の合意なき離脱は貿易に障害」(09/20)

英国、洋上風力発電向けリース権の入札実施(09/20)

イネオス、ウェールズ南部で新型四駆を生産(09/20)

建設キア、通期は赤字転落(09/20)

アストラゼネカ、上海にR&D本部設置へ(09/20)

HSBC会長、香港デモの平和的解決望む(09/20)

英航空BA、27日のパイロットストが中止に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン