• 印刷する

新たに7行が金利ヘッジ商品の販売見直し

金融サービス機構(FSA)は23日、銀行が中小企業に金利ヘッジ商品を不適切に販売した可能性をめぐり、新たに7行が自主的に販売方法を見直すことで合意したと発表した。金利スワップと呼ばれる商品の販売をめぐっては、既にバークレイズ、HSBC、ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の4行に「重大な問題」があったと指摘されている。

今回、調査対象に加わるのはアライド・アイリッシュ・バンク(AIB)、バンク・オブ・アイルランド、豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)傘下のクライズデール銀とヨークシャー銀、コーポラティブ・バンク、ノーザンバンク、スペイン系のサンタンデールUK。FSAは「不適切な販売があったと断定している訳ではない」としているが、そうした事実が見つかれば、顧客は補償を受けることができる。


関連国・地域: 英国アイルランドスペインアジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

EEとヴァージン、過剰請求で当局が罰金(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

JAL、英など海外空港にアルコール感知器(11/19)

国営宝くじ、2023年以降の運営主体を募集へ(11/19)

スーパーのアズダ、第3四半期は2%増収(11/19)

HSBC、香港で有給休暇を拡大(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン