新たに7行が金利ヘッジ商品の販売見直し

金融サービス機構(FSA)は23日、銀行が中小企業に金利ヘッジ商品を不適切に販売した可能性をめぐり、新たに7行が自主的に販売方法を見直すことで合意したと発表した。金利スワップと呼ばれる商品の販売をめぐっては、既にバークレイズ、HSBC、ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の4行に「重大な問題」があったと指摘されている。

今回、調査対象に加わるのはアライド・アイリッシュ・バンク(AIB)、バンク・オブ・アイルランド、豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)傘下のクライズデール銀とヨークシャー銀、コーポラティブ・バンク、ノーザンバンク、スペイン系のサンタンデールUK。FSAは「不適切な販売があったと断定している訳ではない」としているが、そうした事実が見つかれば、顧客は補償を受けることができる。


関連国・地域: 英国アイルランドスペインアジア
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

高級車BMW、6月の販売台数は過去最高(07/16)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

貿易収支、5月は赤字縮小(07/16)

パリの地下鉄、紙の切符廃止へ(07/16)

シェル、カナダのLNG基地巡り投資判断へ(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

KPMG、豪サンコープの監査業務を継続(07/16)

BHP、豪の長期鉄鉱石戦略を当局が許可(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン