ホンダ、9月から生産体制縮小=欧州販売減少で

ホンダは9月からイングランド南部のスウィンドン工場で生産体制を縮小する。ユーロ圏債務危機に伴い、欧州での販売が低迷しているため。BBC電子版が26日伝えた。

それによると、全従業員3,500人のうち、3分の1の勤務日数を週4日に減らす。同社の広報担当者は、対象となる従業員とは週当たり37時間分の賃金を保証する条件で柔軟な契約を結んでいるため、今回の措置は人員整理を伴わないと説明している。

同工場では、「シビック」や「ジャズ(日本名:フィット)」を生産。昨年12月に欧州専用の新型「シビック」(5ドア)の量産を開始したのを受け、新たに500人を採用していた。

英最大労組ユナイトの幹部は「ホンダのような大企業にまでリセッション(景気後退)の波が押し寄せている」と指摘。政府が何らかの手を打たない限り、市民の雇用不安は長期にわたって続くことになると批判している。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国EUアジア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン