携帯販売カーフォン、第1四半期は2%減収

携帯電話機販売で英最大手のカーフォン・ウェアハウスは27日、第1四半期(6月末までの13週間)の売上高が既存店ベースで前年同期から2%減ったと発表した。安価なプリペイド型端末の販売不振が響いた。

この背景には、低価格帯のプリペイド型スマートフォンが市場にないことがある。この結果、契約加入者も含めた全体の顧客件数は199万1,000件と、17.8%落ち込んでいる。ただ、主要市場の英国では、販促活動が実を結んで、契約加入者向けスマートフォンが好調だった。

カーフォンは米家電販売大手ベストバイと合弁で小売事業を展開する。ヴァージン・モバイルとの合弁事業ヴァージン・モバイル・フランスの当期売り上げは、13%増加している。

ロジャー・テイラー最高経営責任者(CEO)は「安価なプリペイド型端末の使用者にスマートフォンを普及させることにより、市場を活性化できる」としており、通期についても当初の目標を達成できると自信を示した。


関連国・地域: 英国フランス米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機製造一般商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン