• 印刷する

WPP、エヌビディアと提携 広告制作で生成AI活用へ

広告で世界最大手の英WPPグループは29日、広告制作での人工知能(AI)活用に向け、米国の半導体大手エヌビディアと提携したと発表した。エヌビディアがWPP向けに開発したプラットフォームにより、生成AIを使って大量の広告コンテンツを迅速かつ効率的に制作する。

新たなプラットフォームは、3Dのデザインツールと、画像編集ソフトのアドビやゲッティイメージズなどのクリエーティブサプライチェーン(供給網)を結びつけるもの。例えば自動車広告であれば、実際の撮影は行わなくても、砂漠や雨の町など好みの背景に車両を重ねた3D画像を作成し、生成AIを利用してこれを動画や印刷媒体向けの広告に落とし込むことが可能となる。

エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は、「7,000億ドル規模のデジタル広告業界も含め、世界のさまざまな産業が競ってAIを活用しようとしている」と述べた。

一方、WPPのマーク・リードCEOは、「生成AIは世界のマーケティングを脅威的なスピードで変革させている」と指摘。「エヌビディアとの提携により、当社はAIソリューションを通じた独自の競争力を獲得できる」としている。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン