• 印刷する

EV電池工場建設を近く発表 JLR、タタ会長ロンドン訪問へ

インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)がイングランド南西部サマセット州に電気自動車(EV)用バッテリー工場を建設することが、ほぼ確定したもようだ。タタ・グループの持ち株会社タタ・サンズのナタラジャン・チャンドラセカラン会長が近くロンドンを訪問し、スナク首相と共に正式発表する予定という。バッテリーの国内生産拡大に苦慮する英国にとって、朗報となりそうだ。消息筋の話を元に、BBC電子版が24日伝えた。

それによると、合意文書への署名はまだ行われていないが、交渉は既に妥結し、現在は正式発表の段取りが検討されている。

スペインも候補地に挙がっていたが、BBC電子版は先に、JLRが英政府からの補助や優遇措置を理由に、同国でプロジェクトを進める方針を固めたと伝えていた。建設予定地はサマセット州の「グラビティー・ビジネスパーク」内で、高速道路M5号線やブリッジウオーター(Bridgwater)湾に隣接する好立地だ。

総工費は数十億ポンドとされ、英政府は数億ポンドを補助するとしている。これには工場や周辺道路の建設費補助のほか、光熱費補助なども含まれる見通し。

英国は、EV化の促進に欠かせないバッテリーの生産拡大で、欧州連合(EU)などに後れを取っている。同国では1月、大規模バッテリー工場の建設を計画していた新興企業ブリティッシュボルト(Britishvolt)が破綻。国内でのバッテリー生産プロジェクトは、中国のエンビジョンAESCが日産自動車と共同で進めるイングランド北東部サンダーランドのギガファクトリー建設計画のみとなっている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン