ブルガリア、大型車用水素ステーション設置

ブルガリア国営の電力システムオペレーター(ESO)は19日、2028年までに大型車用水素ステーションを9カ所に設置すると発表した。資金確保に向けて、すでにこの投資計画を欧州連合(EU)の「近代化基金」に提出したとしている。 設置場所は首都ソフィアのほか、黒海沿岸の2…

関連国・地域: ブルガリア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ブルガルガス、露ガスプロムに損害賠償請求(05/20)

北マケドニア、初の女性大統領が就任(05/14)

ブルガリア、賭博規制強化=広告など禁止(05/03)

アウルビス、ブルガリアの電解室を拡張(04/30)

北マケドニア大統領選、決選投票に持ち越し(04/26)

ブルガリア、国営鉄道の入札中止(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン