• 印刷する

英で自動運転バス運行開始 大型車で世界初の定常サービス

英スコットランドのエディンバラで15日、自動運転バスの一般市民への運行サービスが始まった。フルサイズの大型バスを使った自律走行車両の定常運行は世界で初めてとされる。英国のバス・鉄道運行大手ステージコーチが発表した。

このサービスは試験走行として2025年まで実施される予定。走行区間は、エディンバラからフォースロード橋を渡りファイフ(Fife)南部に至る22.5キロメートル。英国のバス車両メーカー、アレクサンダー・デニス(ADL)の次世代自動運転バス「エンバイロ(Enviro)200AV」5台が使用される。週当たりの乗客数は最大1万人を見込む。

バスには監視役のセーフティードライバーと、チケット受け取りなどの乗客対応に当たる「キャプテン」の計2人が乗務する。

スコットランド行政府のステュアート運輸相は「われわれはスコットランドがコネクテッドカー(つながる車)や自律走行車の開発で最前線に立ち続けることを望んでおり、この試験走行の開始は世界の舞台でその信頼性を確立する上で助けになるだろう」と述べた。

このプロジェクトは「CAVフォース」と名付けられ、ADLや自動運転システムを手がけるフュージョン・プロセシング、エディンバラ・ネピア大学などが共同で実施する。英政府の政策研究機関センター・フォー・コネクテッド・アンド・オートノマス・ビークルズ(CCAV)から一部出資を受けた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン