モラー・マースク、第1四半期は66%減益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは4日、第1四半期(1~3月)の継続事業べースの純利益(特別損益除く)が25億6,100万ドルとなり、前年同期から65.7%減少したと発表した。主力の海運事業が不振で、過去最高益を記録した1年前から大幅減益となった。 売上高は26.4%…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

玩具レゴ、再生プラブロックの生産計画中止(09/26)

三井物産、カッソ株取得=メタノール生産(09/25)

ブルガリア初のハイブリッド発電所が着工(09/21)

ノボノルディスク、南ア社とインスリン生産(09/20)

オーステッド、アイルランドで太陽光発電(09/19)

マースク、グリーンメタノール子会社設立(09/15)

オーステッド、英太陽光発電事業に参入(09/14)

製薬ノボノルディスク、時価総額で欧州首位(09/06)

英で水素航空連合が発足=エアバスなど(09/06)

マースク、バングラデシュでターミナル計画(09/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン