• 印刷する

セインズベリー、5%減益 増収確保も営業費用の拡大響く

英国のスーパー大手セインズベリーは27日、2022/23年度(3月4日までの52週間)の税引き前利益(特別損益除く)が6億9,000万ポンドとなり、前期比5%減少したと発表した。増収を確保したものの、インフレを受けた営業費用の拡大などが響いた。

売上高(VAT含む)は5.4%増の351億5,700万ポンド。既存店ベース(ガソリン除く)では2.6%増加している。販売チャネル別では、コンビニエンスストアが9.9%拡大した半面、食品のオンライン販売は13.5%縮小した。分野別では、食品が3%増加。一方、衣料品は3%減少し、雑貨は0.4%のマイナスだった。

同社は当期にコンビニエンスストアを13店舗新設した。期末時点の総店舗数はコンビニエンスストアが814店舗、スーパーが595店舗となっている。アーゴスについては、独立店を新たに2店舗開き、スーパー内に24店舗を新設した。

今年度については、個人消費の先行きは依然として不透明で、柔軟性の確保が必要だと分析。特別損益を除く税引き前利益は6億4,000万~7億ポンドになるとの見通しを示した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン