• 印刷する

ドイツ銀、9%増益 コスト削減拡大へ=約800人整理

ドイツの金融最大手ドイツ銀行は27日、第1四半期(1~3月)の純利益が11億5,800万ユーロとなり、前年同期比9%増加したと発表した。金利上昇が追い風となったほか、コーポレートバンク部門が好調で全体を押し上げた。また、コスト削減目標の引き上げに併せて人員削減を進める計画を明らかにしている。

業務粗利益は5%増の76億8,000万ユーロ。税引き前利益は18億5,200万ユーロと12%拡大した。うちコーポレートバンク部門は35%、プライベートバンク部門は10%それぞれ伸びている。一方、投資銀部門は19%落ち込んだほか、アセットマネジメント部門は14%減った。

当期の貸倒引当金は3億7,200万ユーロと27%拡大。「バーゼル3」全面適用時の普通株式等ティア1レシオ(自己資本比率)は3月末時点で13.6%と、1年前から0.8ポイント上昇した。

■コスト削減目標引き上げ

ドイツ銀は併せて、コスト削減目標を5億ユーロ引き上げて25億ユーロとする計画を明らかにした。この一環で顧客対応以外の管理職の一部を整理する方針だ。同行の従業員数は3月末時点で8万6,712人に上る。

クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は記者会見で、人員削減の規模は約800人になると説明。第2四半期に着手する方針で、向こう3カ月で4億ユーロ程度のコスト削減を見込んでいると述べた。

なお、ドイツ銀は26日に米事業の責任者のクリスティアナ・ライリー氏が5月中旬に退任すると発表した。経営陣では、カール・フォン・ロア共同副CEOも10月末で辞めることが決まっている。同行はコスト削減のため、取締役会の数を9人に縮小している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン