• 印刷する

オカド、配送拠点を閉鎖 今夏に2300人削減=自動化遅れ

英国のオンライン食品販売のオカド(Ocado)は25日、英国の小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)との合弁会社オカド・リテールの配送拠点を今夏に閉鎖する方針を明らかにした。対象となるのはロンドン北郊ハットフィールドの配送センターで、約2,300人の雇用に影響が及ぶとしている。

ハットフィールドの拠点は2002年の開設で、オカドの配送センターでは最も古い。現在は週40万件に上る注文の2割がここから配送されているが、自動化が進んでいないため稼働効率が悪いことが問題となっている。ハットフィールドの処理件数は1時間当たり平均約150件と、最新のシステムを備えた自動倉庫の200件超を大きく下回るという。

オカドは今回、閉鎖は注文件数が落ち込んでいるためではなく、ハットフィールドの拠点で手がけていた業務は今後は他の配送センターで行うと説明。閉鎖の影響を受ける従業員には他の拠点への異動を促す方針を示した。従業員の多くは、ハットフィールドの閉鎖に合わせて稼働開始を予定するロンドン北郊ルートンの配送センターに移管される見通しだ。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸小売り・卸売り雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン