• 印刷する

ドイツ鉄道など21日にスト 3空港でも20日から=混乱の恐れ

ドイツの鉄道交通労組EVGは19日、ドイツ鉄道(DB)を含む約50社の従業員が21日午前3~11時(現地時間)にストライキを実施すると発表した。団体交渉で経営側に圧力をかける狙いで、全土の鉄道運行に影響が及ぶと警告している。統一サービス産業労組ヴェルディ(Ver.di)も、20~21日にハンブルク空港など3空港の保安警備職員にストを呼びかけており、運輸部門で広範な混乱が予想される。

EVGのストには、DBのほか地方公共交通機関の組合員が参加する見通し。同労組は12%または月額650ユーロ以上の賃上げを求めるが、DBは5%の昇給と2,500ユーロの一時金支給を提案している。次回交渉は25日の予定。

一方、ヴェルディは、ハンブルク空港とデュッセルドルフ空港、ケルン・ボン空港の3空港の保安警備職員に2日間のストを呼びかけている。これを受けハンブルク空港は、着陸は可能だが、出発便は全て欠航となるか乗客なしで運航されると説明。利用者8万人に影響が及ぶとしている。

ヴェルディは航空安全事業連邦同盟(BDLS)との交渉で、残業代や夜間・休日勤務手当の引き上げを求めているが、妥結に至っていない。さらなるストを避けるため、27~28日に予定される次回交渉までにより良い条件を提示するよう呼びかけている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器の設置義務化へ 独、28年以降に給油所で=8千基(05/30)

独自動車部品PWO、セルビア新工場が着工(05/30)

独、CO2貯留法改正案を閣議決定(05/30)

独政府、水素加速法案を閣議決定(05/30)

独インフレ率、2.4%に加速=5月速報値(05/30)

実質賃金、第1四半期3.8%上昇=過去最高(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

低排出ディーゼル燃料「HVO100」が発売(05/30)

フィンテックのクルーバー、1.1億ドル調達(05/30)

GfK消費者信頼感、4カ月連続改善=6月(05/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン