• 印刷する

VWソフトウエア部門、中国企業と合弁設立

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、ソフトウエア部門カリアド(Cariad)が、中国のテクノロジー企業サンダーソフト(中科創達軟件科技)と合弁会社を設立すると発表した。車両のコネクティビティーやインフォテインメント(情報娯楽)システムの中国市場向けソフトウエアを開発する。

合弁会社の出資比率はVWが49%、サンダーソフトが51%。新会社には1,100万ユーロを投資し、開発したソフトウエアの知的財産は全てVWがサンダーソフトと共同保有する。カリアドが昨年10月に中国の自動運転車向け人工知能(AI)チップを手がける地平線機器人(Horizon Robotics)と設立した合弁会社では、VW側の出資比率が60%と過半数を握っていた。

カリアドは独自のインフォテインメント・ソフトウエアなどを開発し、当初は高級スポーツカー部門ポルシェと高級車部門アウディに導入するが、その後は中国を含めたVWグループ全体で展開する。新会社が開発する機能はこれに追加するもので、インフォテインメントシステムや他のデバイスとの接続のほか、コックピット内のソフトウエアやデジタル機能などで中国市場の高い要求に応える。VWの中国事業のラルフ・ブランドシュテッター会長兼最高経営責任者(CEO)は「中国の顧客のニーズが戦略的取り組みの中心となっている」と述べている。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

露、欧州3行の資産接収=総額7億ユーロ超(05/21)

EV共同開発で交渉決裂か VWとルノー、経費削減目指すも(05/21)

アウディ、上汽との共同開発車を来年発売(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

独保健省、医療機関比較サイト開設(05/21)

三菱電機、スマート都市開発で独社と提携(05/21)

ミュンヘン空港に環境活動家侵入、8人拘束(05/21)

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン