• 印刷する

英、ティックトックに罰金 児童の個人情報を無許可で利用

英国の個人情報保護機関、情報コミッショナーオフィス(ICO)は4日、北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下で動画投稿アプリ「ティックトック」を運営するティックトックに1,270万ポンドの罰金を科したと発表した。2018年5月~20年7月に児童の個人情報を保護者の許可なく利用したためとしている。

ICOによると、同社は利用規約によりアカウント開設の最低年齢を13歳と定めているにもかかわらず、2020年に英国で13歳未満の子ども最大140万人がアカウントを開設することを黙認。同国のデータ保護法では、ソーシャルメディアが13歳未満の子供の個人情報を利用する際には、保護者の同意を得ることを義務付けているが、同社はこれを行っていなかったほか、13歳未満の会員の特定や排除にも取り組んでいなかった。

同社は13歳未満の子どもの個人情報をトラッキングやプロファイリングに利用し、こうした子供たちに不適切で有害なコンテンツを提供していた可能性があるという。

ジョン・エドワーズ情報コミッショナーは「1,270万ポンドの罰金は、ティックトックの怠慢が及ぼした恐れのある深刻な影響を反映したもの」と説明している。

ティックトックの広報担当者は「当社は13歳未満の子どもの排除に向け大規模な投資を行っており、4万人超のチームが利用者の安全維持に昼夜、取り組んでいる」とコメント。ICOの判断を引き続き検討し、次の措置を考えるとしている。

なお、英国政府は先に、公用携帯端末でのティックトックの利用を禁止した。同社を巡っては、中国政府にユーザーのデータを提供しているとの疑惑が持たれており、米上院では3月、政府に同アプリの利用禁止権限を与える法案が提出されたほか、欧州委員会も2月に職員が公用携帯端末で同アプリを使用することを禁止している。


関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン