• 印刷する

欧州中銀、3.5%に利上げ 金融不安の中インフレ抑制堅持

欧州中央銀行(ECB)は16日に開いた政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を0.5ポイント引き上げ、3.5%とすることを決めた。中銀預入金利も0.5ポイント引き上げ、3%としている。市場の混乱で世界的な金融不安が高まっている中、インフレ抑制を堅持する姿勢を示した。

ECBは2月の会合で、次回に0.5ポイントの利上げを行うと予告していた。今回の決定については、経済・金融データや基礎インフレの動向などに照らし、インフレ見通しを評価したものと指摘。ラガルド総裁も会合後の記者会見で、「不確実性が高まることで、データに基づく政策金利の決定の重要性が強まっている」と述べている。

現在の市場の状況についてECBは、「注意深く監視しており、物価と金融の安定を保つため必要に応じて対応する用意がある」として、ユーロ圏の金融システムに流動性支援を提供する手段があることを強調している。

インフレ見通しについては、今年の平均インフレ率を5.3%と昨年12月時点の6.3%から引き下げた。来年も3.4%から2.9%に修正し、2025年は2.1%と予想する。一方、エネルギーと食品を除くコアインフレ率の見通しは今年が4.6%と引き上げており、さらなる金融引き締めの可能性を示している。

域内総生産(GDP)については、エネルギー価格の低下と経済の回復力の高まりから今年の見通しを1%と上方修正した。24年と25年はいずれも1.6%とさらに持ち直すとみているものの、金融引き締めの影響を理由に前回の予想から引き下げている。


関連国・地域: EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

平和サミット、共同声明採択=90カ国超参加(06/18)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

EU加盟国、自然再生法を採択=数カ月遅れ(06/18)

EU理事会、欧州横断運輸網の新指針承認(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

ユーロ圏労働コスト、第1四半期は伸び加速(06/18)

中欧班列、5月の輸送量が過去最高に(06/18)

タイ天然ゴム社、EU規則製品の販売5割に(06/18)

【EU環境規制・エネルギー】進むEUの包装規制、日本に及ぶ影響は(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン