肥料K+S、通期は2.9倍に増益

ドイツの肥料大手K+Sは、2022年12月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が24億2,290万ユーロとなり、前期比2.9倍に拡大したと発表した。販売価格の大幅な上昇が追い風となった。 売上高は76.7%増の56億7,660万ユーロ。農業顧客部門の欧州事業(カリ・マグネシウム…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

VW、スペイン工場でEV年間50万台生産へ(03/24)

ポルシェ、スロバキアでEV版カイエン生産(03/24)

2労組が27日に運輸部門スト 各地で陸・海・空運に影響見通し(03/24)

スウェーデンEQT、独社に1億ユーロ投資(03/24)

EnBW、自社最大の洋上風力発電所建設へ(03/24)

炭素製品SGLカーボン、通期は68.3%増益(03/24)

独RWE、英洋上風力発電に150億ポンド(03/24)

瓶詰め機製造クロネス、通期は19.4%増益(03/24)

フォード、欧州向け新型EV発表=VW車体(03/24)

ゴッゴ、自動運転の中距離配達で英社と提携(03/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン